私の間取りの実体験「台所」

私の間取りの実体験「台所」

注文住宅 台所

 

ここからは、私の間取りの実体験を紹介していこうと思います。
まずは「台所」編からです。

 

 

希望と執念が詰まった台所

おどおどろしいタイトルですが、私にとって台所というのは、
まさに「希望と執念が詰まった夢の空間」なのです。

 

アパート暮らしが長かったからこそ、
台所にはいろんな不満点がありました。

 

注文住宅 台所

とにかく狭い。
ガスコンロの口が二つしかない。
かといって、今はやりの三角形型のコンロだと、
結局奥側が使わなくなる。
コース料理を出すときに、
皿を広げられるスペースがないのがいやだ。

 

そんな風に、さまざまな不満点を持っていた私は、
台所の建設に並々ならぬ執念を燃やしていました。

 

 

完成した台所は?

 

結局どうなったかというと、

 

三口コンロが横並びになっている製品を導入
従来の調理スペースに加え、奥行き60センチ×180センチの調理台も併設
スパイス棚を作る
収納はこれでもか!というほど多くする
キッチンは裏方と考え、つりだなをつけて、クローズ性の高いものにする
リビングの1/3はキッチンスペース
床下収納の場所も、行動導線にひっかからない場所にする

 

こうなりました。

 

これが実際の写真です。

 

 

pic1.jpg

 

 

まだ不満がある

私の間取りの実体験の中で、もっとも大きな位置を占める「台所」ですが、
これは従来のものに比べて、プラス200万円ほどかかりました。

 

私の独身時代の貯金から出したのですが、
最終形態を決めるまでにめぐった台所メーカーの展示場は、
10はくだらないと思います。

 

でも、お金があったらパントリーなんかも作りたかったです。
あと、フライヤーとかもほしかった...。

 

言い出せばきりがないんですけどね。



 

 

失敗しない優良業者を見つける方法


親切でお得なメーカーを見つけるには、〇〇する!!

一口に住宅メーカーと言っても、それぞれのメーカーごとに特徴があり、
できること、できないこと、
得意なこと、不得意なこと
があります。

ですので、家作りで失敗しないためにも、
自分の思い描く家を建てられるメーカーを
選ぶことがとても重要です。

そのためにも、最初から1つのメーカーに絞るのではなく、
複数の住宅メーカーから資料請求、建設プラン、見積もり等を取り、
比較することが絶対条件です。
(決して、一番近くの業者に頼むとか、一番安いメーカーに決めるとかはしないこと!)

注文住宅


ですので、まずこちらの一括比較サービスで、
家作り計画書の請求してみてください。

該当エリアであなたの希望しているプランに合った業者が複数出てきます。
(もちろん、無料です)

その中から、
  • あなたのこだわりどころに合った
  • 予算的にも可能
  • 対応のよい
メーカーを選びましょう。

業者の選び方は、「良い業者の選び方」の記事でも、触れています。