「今」「現在」のライフスタイルを考える

「今」「現在」のライフスタイルを考える

注文住宅 ライフスタイル

 

将来的なことを考えて間取りを組み立てることも必要ですが、
「今」「現在」のライフスタイルを考えることも大切です。
家をどのように使うか、ということは間取りを考える上で、
とても重要なキーワードになってきます。

 

 

書斎の話

我が家には「書斎」があります。
6畳のフローリングの部屋であり、
大きなデスクが二つあり、本棚があります。

 

いわゆる「大人の隠れ家」風のようにこじんまりしたものではなく、
一つの部屋として確立されています。

 

これを作った理由は、私自身が在宅勤務であることに他なりません。

 

注文住宅 ライフスタイル

今までのアパート暮らしでは、
机のある部屋とベッドのある部屋が一緒でした。
しかしこれがかなり不便でした。

 

というのも、私が仕事中に夫が就寝する、
というケースがよくあるからです。

 

電気をつけっぱなしの部屋では眠る方も大変だし、
仕事する方も気が散りますよね。

 

 

寝室の話

「今」「現在」のライフスタイルを考えたとき、
私達にとって寝室というのは、
単純に「寝るためだけの部屋」という位置づけだとわかりました。
そのため寝室は非常に狭く、
ベッドをおいたら後は通路くらいしかありません。

 

注文住宅 ライフスタイル

家というのは、単純に安らぐためだけの場所ではありません。
あるひとは仕事をし、あるひとはトレーニングをし、
あるひとは倉庫としても使います。

 

そのため、「今自分が」「どんな部屋を必要としているか」、
を考え、自分のライフスタイルを見直しながら、
間取りを考えていく必要があるのです。



 

 

失敗しない優良業者を見つける方法


親切でお得なメーカーを見つけるには、〇〇する!!

一口に住宅メーカーと言っても、それぞれのメーカーごとに特徴があり、
できること、できないこと、
得意なこと、不得意なこと
があります。

ですので、家作りで失敗しないためにも、
自分の思い描く家を建てられるメーカーを
選ぶことがとても重要です。

そのためにも、最初から1つのメーカーに絞るのではなく、
複数の住宅メーカーから資料請求、建設プラン、見積もり等を取り、
比較することが絶対条件です。
(決して、一番近くの業者に頼むとか、一番安いメーカーに決めるとかはしないこと!)

注文住宅


ですので、まずこちらの一括比較サービスで、
家作り計画書の請求してみてください。

該当エリアであなたの希望しているプランに合った業者が複数出てきます。
(もちろん、無料です)

その中から、
  • あなたのこだわりどころに合った
  • 予算的にも可能
  • 対応のよい
メーカーを選びましょう。

業者の選び方は、「良い業者の選び方」の記事でも、触れています。