実例:私の探していた土地条件

実例:私の探していた土地条件

注文住宅 土地条件

 

ここからは、具体的に実例を紹介していくことにします。
まずは、私の探していた土地条件を詳しくお話しますね。

 

 

条件決めは慎重に、かつ大胆に

注文住宅 実例

土地を決めるときの条件は、慎重に、
でも大胆に行わなければいけません。
家を建てるときと同じで、
とにかく初めは我侭にならないと、
まったく話が進みません。

 

そのため私達が探していた土地条件(初期)というのは、
以下のようなものでした。

 

・ 夫の勤務先まで、片道1時間以内
・ 県庁所在地やデパート集中地まで片道30分以内
・ 周囲の環境が静かであること。特に、夜中の環境を重視
・ パチンコ店や競馬場などの施設が近くにないこと
・ スーパーまで片道10分以内
・ 1000万円以内
・ 水害に強いところ

 

 

妥協できるところは?

上の条件を見ると、かなり我侭し放題なものだということが分かりますね。
ただ、よく見ていくと、ここには「良くある条件」が抜けていることがわかるはずです。

 

それが、「広さ」と「地震対策」です。

 

広さ

広さに関しては、確かに広ければ広いほど嬉しいと思っていました。
しかしながら、狭ければ狭いなりに家を建てるだろう、と考えていました。
というよりも、他の部分を絶対条件とするなら、広さは譲らざるを得ません。

 

地震対策

また、「地震の少ない地域に」というのも考えませんでした。
「地震に強いところに家を建てる」ことだけを目的として、
勤め先を移ることは、現実的ではないと考えたからです。



 

 

失敗しない優良業者を見つける方法


親切でお得なメーカーを見つけるには、〇〇する!!

一口に住宅メーカーと言っても、それぞれのメーカーごとに特徴があり、
できること、できないこと、
得意なこと、不得意なこと
があります。

ですので、家作りで失敗しないためにも、
自分の思い描く家を建てられるメーカーを
選ぶことがとても重要です。

そのためにも、最初から1つのメーカーに絞るのではなく、
複数の住宅メーカーから資料請求、建設プラン、見積もり等を取り、
比較することが絶対条件です。
(決して、一番近くの業者に頼むとか、一番安いメーカーに決めるとかはしないこと!)

注文住宅


ですので、まずこちらの一括比較サービスで、
家作り計画書の請求してみてください。

該当エリアであなたの希望しているプランに合った業者が複数出てきます。
(もちろん、無料です)

その中から、
  • あなたのこだわりどころに合った
  • 予算的にも可能
  • 対応のよい
メーカーを選びましょう。

業者の選び方は、「良い業者の選び方」の記事でも、触れています。