敷地面積と建坪面積

敷地面積と建坪面積

注文住宅 建坪面積

 

土地を買う場合、敷地面積を見るひとが多いです。
これはごく当たり前のことです。
土地の広さが分からなければ、土地の選びようがありませんからね。
しかし、敷地面積だけでなく、建坪面積を考える必要もあります。

 

 

敷地面積、建坪面積

「敷地面積」=「その土地自体の広さ」です。

土地に看板や、不動産屋で紹介される土地面積の表記というのは、
この「敷地面積」です。

 

「建坪面積」=「1階の床面積」です。

ほとんどの家が、1階の方が大きいデザインになりますから、
これはかなり重要です。

 

尚、「延べ床面積」というのは、その家自体の総面積のことを指します。
2階建ての家ならば、1階の面積+2階の面積のことですね。

 

 

大切なこと

 

勘違いされやすいことですが、敷地面積=建坪面積ではありませんし、
敷地面積いっぱいに家を建てることができるわけではありません。

 

60坪の土地には、60坪の家を建てることはできないのです。

 

建蔽率

これは「建蔽率(けんぺいりつ)」という形で定められています。
建蔽率の制限については、
30パーセント~80パーセントとひらきがありますが、
一般的な住宅の場合は、60ポーセント程度と考えるのが普通です。

 

注文住宅 建坪面積

 

つまり、90坪の土地を買うと、1階の面積は54坪ということです。

 

このため、「1階を広く取りたい」「最低でもこの大きさがほしい」
という理想があるならば、土地探しをする上でも、
それを留意しなければいけないということになります。

 

大きな土地の場合問題ありませんが、都会に多い小さな土地の場合、
35坪の土地を買うと、1階の面積は21坪程度となってしまうからです。



 

 

失敗しない優良業者を見つける方法


親切でお得なメーカーを見つけるには、〇〇する!!

一口に住宅メーカーと言っても、それぞれのメーカーごとに特徴があり、
できること、できないこと、
得意なこと、不得意なこと
があります。

ですので、家作りで失敗しないためにも、
自分の思い描く家を建てられるメーカーを
選ぶことがとても重要です。

そのためにも、最初から1つのメーカーに絞るのではなく、
複数の住宅メーカーから資料請求、建設プラン、見積もり等を取り、
比較することが絶対条件です。
(決して、一番近くの業者に頼むとか、一番安いメーカーに決めるとかはしないこと!)

注文住宅


ですので、まずこちらの一括比較サービスで、
家作り計画書の請求してみてください。

該当エリアであなたの希望しているプランに合った業者が複数出てきます。
(もちろん、無料です)

その中から、
  • あなたのこだわりどころに合った
  • 予算的にも可能
  • 対応のよい
メーカーを選びましょう。

業者の選び方は、「良い業者の選び方」の記事でも、触れています。