建築条件を考える

建築条件を考える

注文住宅 建築条件

 

土地選びをする場合、あまり聞きなれていない単語が、
耳にはいることがあるかもしれません。

 

それが、「建築条件付土地」です。
これについては、こちらで詳しく述べていきましたね。

 

また、それ以外にも「市街化調整区域」という単語を、
耳にすることもあるかも知れません。
今回は、この「市街化調整区域」について話していこうと思います。

 

建築条件付土地も市街化調整区域も、簡単に言ってしまえば、
「ここの土地には、好き勝手に物件を建てられないよ、条件があるよ」
という土地のことです。

 

しかしこの二つは、大きく性格が違います。
建築条件としての「市街化調整区域」を考えることにしましょう。

 

 

市街化調整区域とは

市街化調整区域というのは、「建築条件がある」という意味では、
確かに建築条件付土地と同じです。

 

しかしその性格は、大きく違います。

 

市街化調整区域というのは、基本的には、
「新しく家を建てる」という行為が
できません。

 

注文住宅 競売物件

 

というのも、これは市街化を抑制するために作られた考えだからです。

 

こう書くと、「じゃあ意味ないじゃん!」って思いますよね?
でもこれは、都道府県知事からの許可を得れば、建てることが可能です。

 

 

具体的な条件

市街化調整区域というのは、基本的には非常に少なく、
情報としてあがってくることはあまりありません。

 

売るひとにも買うひとにも、
「その土地を手放す、あるいは購入することが必要な理由」
が求められるからです。

 

たとえば、こんな感じです。

 

 

「老人ホームに入るにあたり、土地建物を処分したい」

 

 

「別荘などを建てるのではなく、新築物件を建てて、
その土地に永住したい」

 

このような、「売る側の理由」「買う側の理由」が一致して初めて、
やっと認可がおりるのです。

 

ちなみに我が家は、この市街化調整区域の土地に建っています。

 

 

市街化調整区域の探し方

市街化調整区域を探すには、

 

専門の不動産屋に依頼する
いくつもの不動産屋に連絡をつけ、「市街化調整区域を探している」と告げる

 

という方法があります。

 

不動産屋の探し方ですが、これには大別して2つの方法があります。

 

注文住宅 競売物件

 

ネットで「○○市 市街化調整区域 不動産屋」と検索

 

また、「市街化調整区域専門 不動産屋」で検索をかけると、
その不動産屋が扱う市街化調整区域の案件を見ることができます。

 

 

目的としている地域を自分で回って、売り地を探す

 

この際に、できるだけ多くの不動産を扱っているところに足を運んで、
市街化調整区域の情報を求めます。

 

「そんなに時間がない」というひとは、駅前などにある不動産屋を尋ねます。
駅前の一等地に居を構えている不動産屋の場合、
資本力に優れており、市街化調整区域の取り扱いも多いからです。

 

 

ただし、どちらの場合にせよ、非常に狭き門ではあります。



 

 

失敗しない優良業者を見つける方法


親切でお得なメーカーを見つけるには、〇〇する!!

一口に住宅メーカーと言っても、それぞれのメーカーごとに特徴があり、
できること、できないこと、
得意なこと、不得意なこと
があります。

ですので、家作りで失敗しないためにも、
自分の思い描く家を建てられるメーカーを
選ぶことがとても重要です。

そのためにも、最初から1つのメーカーに絞るのではなく、
複数の住宅メーカーから資料請求、建設プラン、見積もり等を取り、
比較することが絶対条件です。
(決して、一番近くの業者に頼むとか、一番安いメーカーに決めるとかはしないこと!)

注文住宅


ですので、まずこちらの一括比較サービスで、
家作り計画書の請求してみてください。

該当エリアであなたの希望しているプランに合った業者が複数出てきます。
(もちろん、無料です)

その中から、
  • あなたのこだわりどころに合った
  • 予算的にも可能
  • 対応のよい
メーカーを選びましょう。

業者の選び方は、「良い業者の選び方」の記事でも、触れています。