競売物件の扱い方

競売物件の扱い方

注文住宅 競売物件

 

土地探しのダークホース的な方法を紹介しておきましょう。
それが、「競売物件」です。

 

ただし、競売物件の扱い方はなかなか難しいもの。
どう考えたらよいのでしょうか。

 

 

競売物件

競売物件というのは、何らかの理由で、
借金の回収のために手放すことを
余儀なくされた物件のことです。
これは土地にも適用されます。

 

注文住宅 競売物件

 

競売物件の最大にして唯一のメリットというのは、ずばり、
「その土地の最安値に近い価格で買うことができる」ということにあります。

 

その金額は、一般的な価格の4割ほどです。

 

簡単に言うと、1000万円する土地が400万円で買える、ということです。

 

これは破格といってもいい金額であり、金銭的メリットがとても大きいです。
以前はヤクザなどの不法占拠も問題になっていましたが、(立退き料の要求)
今はそれらの問題はほとんど解消されている、と言われています。

 

 

デメリット

注文住宅 競売物件

しかしながら、当然競売物件にはリスクもあります。
負債の回収として売り出された物件ですから、
トラブルが起こることはかなり多いです。
また、立退き料の要求などがなかったとしても、
ヤクザがバックについていることはよくあることです。

 

競売物件を専門に扱う業者などもありますが、
交渉にはある程度法律的な知識が
必要であるため、
勉強は必須です。

 

また、心理的な抵抗が多いひともいるかと思います。

 

「安いものには理由がある」ことを自覚した上で、
競売物件の扱い方を考えるべきです。

 

 

競売物件の探し方

競売物件を探す方法としては、以下の方法があります。

 

  • 裁判所に赴く(多くの場合、地方裁判所の民事執行事務室前の掲示板で閲覧可)
  • 競売物件専門の業者にあたる
  • インターネットで「○○市 競売物件」などで検索をかける

こちらも参考にしてください。



 

 

失敗しない優良業者を見つける方法


親切でお得なメーカーを見つけるには、〇〇する!!

一口に住宅メーカーと言っても、それぞれのメーカーごとに特徴があり、
できること、できないこと、
得意なこと、不得意なこと
があります。

ですので、家作りで失敗しないためにも、
自分の思い描く家を建てられるメーカーを
選ぶことがとても重要です。

そのためにも、最初から1つのメーカーに絞るのではなく、
複数の住宅メーカーから資料請求、建設プラン、見積もり等を取り、
比較することが絶対条件です。
(決して、一番近くの業者に頼むとか、一番安いメーカーに決めるとかはしないこと!)

注文住宅


ですので、まずこちらの一括比較サービスで、
家作り計画書の請求してみてください。

該当エリアであなたの希望しているプランに合った業者が複数出てきます。
(もちろん、無料です)

その中から、
  • あなたのこだわりどころに合った
  • 予算的にも可能
  • 対応のよい
メーカーを選びましょう。

業者の選び方は、「良い業者の選び方」の記事でも、触れています。