土地を探そう!

土地を探そう!

家を建てるとき、注目するのは家そのものだけではありません。
土地も大切です。

 

建て替えることも可能な家とは違い、土地というのはずっとそこにあり続けるもの。
「土地を探そう!」では、土地探しのノウハウを伝授します。

親から土地を譲ってもらえる、というひとの場合、土地探しの大変さというのは味わうことなくすぎていきます。これは非常に有利なことです。土地の費用土地というのは、「家を買う」場合、総額の1/4~1/3の費用がかかります。土地建物合わせた費用ごとの土地代の例は、以下のとおりです。土地建物を合わせた費用土地の金額2000万円500~700万円5000万円1250~1700万円このように少なくないお金がかかる...

住宅メーカーに依頼する場合でも、基本的には不動産屋を通すことになります。しかし例外もあるので、それを紹介しましょう。基本的な考え方住宅メーカーで土地探しを依頼した場合、その住宅メーカーが不動産屋に依頼して、不動産屋が土地を紹介します。この方法は、特に住宅メーカーにはうまみがないため、基本的には「不動産屋に頼む」と同じ流れです。ただ、そうではない探し方もあります。それが、「建築条件付土地」です。建築...

自力での土地探し、と聞いて、身構えるひとも多いはず。今回は、そのメリットとデメリットを考えていきましょう。こういうところがいい!ある程度、「ここら辺の地域で家を建てたいな」というのがあれば、その土地を、車や自転車で回ってみることにしましょう。これには、いくつかのメリットがあります。不動産屋に土地探しを頼むといっても、その不動産屋が全ての土地を受け持っているわけではありません。そのため、自分が依頼し...

土地探しのダークホース的な方法を紹介しておきましょう。それが、「競売物件」です。ただし、競売物件の扱い方はなかなか難しいもの。どう考えたらよいのでしょうか。競売物件競売物件というのは、何らかの理由で、借金の回収のために手放すことを余儀なくされた物件のことです。これは土地にも適用されます。競売物件の最大にして唯一のメリットというのは、ずばり、「その土地の最安値に近い価格で買うことができる」ということ...

土地選びをする場合、あまり聞きなれていない単語が、耳にはいることがあるかもしれません。それが、「建築条件付土地」です。これについては、こちらで詳しく述べていきましたね。また、それ以外にも「市街化調整区域」という単語を、耳にすることもあるかも知れません。今回は、この「市街化調整区域」について話していこうと思います。建築条件付土地も市街化調整区域も、簡単に言ってしまえば、「ここの土地には、好き勝手に物...

土地を探していると、たくさんの物件を見すぎて、「もう価格だけで決めたい!」となる気持ちもよく分かります。しかし、「こんな土地は安くてもダメ!」、と声を大にして言いたいものがあります。「危険な」場所土地選びをする上で、一番大事なのは周囲の環境です。特に、近隣住民には要注意です。私自身のかなり衝撃的だったエピソードを紹介しましょう。その土地は、一般的な価格に比べて、2~3割ほども安い土地でした。しかも...

土地を買う場合、敷地面積を見るひとが多いです。これはごく当たり前のことです。土地の広さが分からなければ、土地の選びようがありませんからね。しかし、敷地面積だけでなく、建坪面積を考える必要もあります。敷地面積、建坪面積「敷地面積」=「その土地自体の広さ」です。土地に看板や、不動産屋で紹介される土地面積の表記というのは、この「敷地面積」です。「建坪面積」=「1階の床面積」です。ほとんどの家が、1階の方...

ここからは、具体的に実例を紹介していくことにします。まずは、私の探していた土地条件を詳しくお話しますね。条件決めは慎重に、かつ大胆に土地を決めるときの条件は、慎重に、でも大胆に行わなければいけません。家を建てるときと同じで、とにかく初めは我侭にならないと、まったく話が進みません。そのため私達が探していた土地条件(初期)というのは、以下のようなものでした。・ 夫の勤務先まで、片道1時間以内・ 県庁所...

先ほどの条件を元に、土地を決めることになりました。結局どんな土地を買ったのでしょうか?希望が叶ったところ夫の勤務先まで、片道1時間以内 県庁所在地やデパート集中地まで片道30分以内 周囲の環境が静かであること。特に、夜中の環境を重視 パチンコ店や競馬場などの施設が近くにないこと スーパーまで片道10分以内 1000万円以内 水害に強いところこれが私達の出した条件でしたね。結果的に言うと、片道○分以...

失敗しない優良業者を見つける方法


親切でお得なメーカーを見つけるには、〇〇する!!

一口に住宅メーカーと言っても、それぞれのメーカーごとに特徴があり、
できること、できないこと、
得意なこと、不得意なこと
があります。

ですので、家作りで失敗しないためにも、
自分の思い描く家を建てられるメーカーを
選ぶことがとても重要です。

そのためにも、最初から1つのメーカーに絞るのではなく、
複数の住宅メーカーから資料請求、建設プラン、見積もり等を取り、
比較することが絶対条件です。
(決して、一番近くの業者に頼むとか、一番安いメーカーに決めるとかはしないこと!)

注文住宅


ですので、まずこちらの一括比較サービスで、
家作り計画書の請求してみてください。

該当エリアであなたの希望しているプランに合った業者が複数出てきます。
(もちろん、無料です)

その中から、
  • あなたのこだわりどころに合った
  • 予算的にも可能
  • 対応のよい
メーカーを選びましょう。

業者の選び方は、「良い業者の選び方」の記事でも、触れています。