注文住宅のデメリット

注文住宅のデメリット

注文住宅 デメリット

 

私は、「家を建てるなら注文住宅」と考えており、建売の住宅は
選択の対象外でした。

 

もう少し正確に言うのであれば、私たちの希望を総合すると、
「絶対に建売住宅ではムリだ」ということがわかっていた、
ということになります。

 

ただし、だからといって、
「注文住宅がよくて、建売住宅は悪い」と、
言い切るつもりはありません。

 

どちらが良い悪いではなく、ライフスタイルや重要視すべき点がどこか、
というだけの問題だからです。

 

 

高い!

詳しくは、こちらで触れていますが、
注文住宅は建売住宅に比べて、金額が高くなります。

 

そのため、「広い家に住むこと」を一番の目的とするのであれば、
注文住宅よりも建売住宅の方が魅力的である、ということになります。

 

また、建売住宅の場合は、おおよその目安や平均値があるので、
それを大きく上回ることはありません。

 

しかしながら、注文住宅の場合は、まさに「天井知らず」です。
こだわればこだわるほど、坪単価は恐ろしい勢いであがっていきます。

 

 

面倒くさい!

注文住宅のデメリットとしては、「面倒である」ということもあげられます。

 

とにかく決めることが多いんです。

 

注文住宅 台所

カーテンレールのデザイン、窓の大きさ、
ドアノブの材質や形、設備そのものまで、
全部自分たちで決めていかなければなりません。

 

私達の場合、予算がぎりぎりだったので、
廊下の幅や窓のカギについてまで頭を悩ませて、
数百個はあろうかというリストを、全てチェックしました。

 

工期も長くなる傾向にありますし、
長丁場は覚悟しなければなりません。



 

 

失敗しない優良業者を見つける方法


親切でお得なメーカーを見つけるには、〇〇する!!

一口に住宅メーカーと言っても、それぞれのメーカーごとに特徴があり、
できること、できないこと、
得意なこと、不得意なこと
があります。

ですので、家作りで失敗しないためにも、
自分の思い描く家を建てられるメーカーを
選ぶことがとても重要です。

そのためにも、最初から1つのメーカーに絞るのではなく、
複数の住宅メーカーから資料請求、建設プラン、見積もり等を取り、
比較することが絶対条件です。
(決して、一番近くの業者に頼むとか、一番安いメーカーに決めるとかはしないこと!)

注文住宅


ですので、まずこちらの一括比較サービスで、
家作り計画書の請求してみてください。

該当エリアであなたの希望しているプランに合った業者が複数出てきます。
(もちろん、無料です)

その中から、
  • あなたのこだわりどころに合った
  • 予算的にも可能
  • 対応のよい
メーカーを選びましょう。

業者の選び方は、「良い業者の選び方」の記事でも、触れています。