借りることのできる金額

借りることのできる金額

注文住宅 借り入れ

 

銀行で借りることのできる金額というのは、
いったいいくらくらいなのでしょうか。
もちろん銀行や条件によって大きく違いますが、
今回は「借りることのできる金額」を見ていくことにしましょう。

 

 

ざっくりした金額

銀行で借りることのできる金額というのは、
だいたい年収の5~10倍くらいだと言われています。

 

もちろん、派遣社員やアルバイトというように、
不安定な雇用形態だとこの限りではありませんが、
一般的な数値でいうと、この間に収まります。

 

特に、「借りることのできる金額」としては、7倍くらいまでが多いです。

 

つまり、年収が500万円のひとですと、約3500万円、ということですね。

 

 

プラスアルファの知識

この借り入れ金額に、自分で出すことのできる頭金をプラスした金額が、
「購入費用」ということになります。

 

注文住宅 借り入れ

借りることのできる金額には、
返済比率が定められています。

この返済比率というのは、
「年収の何パーセントを返済額とするか」というものです。

 

これは30パーセントから、
40パーセントと定められています。
住宅ローンだけでなく、車などのローンも含みますよ。

 

計算例

ローンを20年ローンで組んで、
かつ年収が500万円の場合、
借りることのできる金額というのは、マックスで4000万円です。
500万円×0.4(40パーセント)×20年=4000万円です。

 

逆に、どうしても5000万円借りたい、という場合は、
上記と同じ条件ですと、25年ローンになる、ということですね。

 

5000万円=500万円×0.4(40パーセント)×25年ですね。



 

 

失敗しない優良業者を見つける方法


親切でお得なメーカーを見つけるには、〇〇する!!

一口に住宅メーカーと言っても、それぞれのメーカーごとに特徴があり、
できること、できないこと、
得意なこと、不得意なこと
があります。

ですので、家作りで失敗しないためにも、
自分の思い描く家を建てられるメーカーを
選ぶことがとても重要です。

そのためにも、最初から1つのメーカーに絞るのではなく、
複数の住宅メーカーから資料請求、建設プラン、見積もり等を取り、
比較することが絶対条件です。
(決して、一番近くの業者に頼むとか、一番安いメーカーに決めるとかはしないこと!)

注文住宅


ですので、まずこちらの一括比較サービスで、
家作り計画書の請求してみてください。

該当エリアであなたの希望しているプランに合った業者が複数出てきます。
(もちろん、無料です)

その中から、
  • あなたのこだわりどころに合った
  • 予算的にも可能
  • 対応のよい
メーカーを選びましょう。

業者の選び方は、「良い業者の選び方」の記事でも、触れています。