変動金利のメリットとデメリット

変動金利のメリットとデメリット

注文住宅 変動金利

 

さきほどの、「固定金利のメリットとデメリット」では、
固定金利について見てきました。

 

今回は、変動金利のメリットとデメリットについてみていくことにしましょう。

 

 

どういうものか

変動金利というのは、
そのときそのときの経済状態に応じて金利が変わってくる、
というものです。

適用金利のシステムの変化によって上下するのです。

 

私達の場合は「5年目まで固定、それ以降は変動金利」という形です。
これは変動金利の方に分類されます。

 

 

メリットデメリット

メリットとデメリットを考えましょう。

 

メリット

注文住宅 変動金利

変動金利の最大のメリットは、

やはり「金利が安い」ということにあります。

 

前にもふれましたが、固定型に比べて、
1.5倍~2倍ほども安く借りることができるのです。
家というのは大きな買い物ですから、
利率が0.5パーセントかわるだけで、
返済金額は大きく変わります。

 

 

デメリット

注文住宅 変動金利

反対にデメリットとしては、「不安定さ」があげられます。

 

そのときそのときの経済によってたやすく数字が動きますし、
事前告知というのはありません。
また、金利の上下というのを読みきることは、
専門家であってさえ難しいです。

 

このようなことから、変動金利を選ぶ場合というのは、
きちんと勉強し続けていく、ということが大前提となります。

 

固定金利も変動金利もどちらか片方が優れている、
というものではありません。
両方にデメリットとメリットがあるからです。



 

 

失敗しない優良業者を見つける方法


親切でお得なメーカーを見つけるには、〇〇する!!

一口に住宅メーカーと言っても、それぞれのメーカーごとに特徴があり、
できること、できないこと、
得意なこと、不得意なこと
があります。

ですので、家作りで失敗しないためにも、
自分の思い描く家を建てられるメーカーを
選ぶことがとても重要です。

そのためにも、最初から1つのメーカーに絞るのではなく、
複数の住宅メーカーから資料請求、建設プラン、見積もり等を取り、
比較することが絶対条件です。
(決して、一番近くの業者に頼むとか、一番安いメーカーに決めるとかはしないこと!)

注文住宅


ですので、まずこちらの一括比較サービスで、
家作り計画書の請求してみてください。

該当エリアであなたの希望しているプランに合った業者が複数出てきます。
(もちろん、無料です)

その中から、
  • あなたのこだわりどころに合った
  • 予算的にも可能
  • 対応のよい
メーカーを選びましょう。

業者の選び方は、「良い業者の選び方」の記事でも、触れています。